事務局だより(2019年3月27日)

 3月の講演会では、沖縄金武湾の石油備蓄基地建設に抗して起こった市民運動について、映像をはじめ貴重な資料をもとに解説していただきました。「戦場難民」であった地元民が「基地難民」となって再び居場所を奪われていく歴史のなかで、金武湾闘争が持つ意義を、個々人と運動体との結節やそのあり方の漸次的変化といった、市民運動の本質的な部分まで踏み込んでお話しいただきました。講演後の質疑応答では、当時の中東やベトナム戦争の情勢と石油備蓄基地の関連など、世界史的な広がりに発展する議論が展開されました。
 次回4月は、世界中で大きな環境汚染問題として騒がれ始めたマイクロプラスチックがテーマです。核のゴミをはじめ、人間の排出する様々な種類のゴミが生態系をこれほどまでにおびやかしている時代はありません。その中でも、マイクロプラスチックの問題が我々の耳目に触れるようになったのはごく最近のことであり、その実態や問題点について、まだ我々の多くはあまり分かっていないのが実情です。次回講演会では、環境問題を探求してこられたジャーナリストの方をお迎えして、詳しくお話を伺います。
 どうぞ奮ってご参加ください。
 5月の講演会は11日(第2土曜日)に開催します。著しい経済発展で世界の注目を浴びるインドですが、多民族多宗教の複雑な社会でも知られています。この春にインドに調査に赴かれた講師をお迎えし、各宗教の聖地を紹介していただきながら、現代インド社会における宗教の影響を中心に、新鮮な情報を提供していただく予定です。
 詳細は追ってお知らせいたします。


 桜開花の便りが関東地方や西日本を中心に列島を華やがせています。桜花には去年の花、あの時の花、そしてやがて来る年の花と、年末年始にも劣らず歳月を意識させる不思議な力が備わっているように思えます。花のもと、特別なひと時をお過ごしください。

―散る桜残る桜も散る桜 (良寛)

第161回講演会のお知らせ

「プラスチック問題の真実-マイクロプラスチックによる海洋汚染と、中国の廃プラ輸入禁止の影響-」

日付: 2019年4月13日(土)
時間: 16:00 – 18:00
場所: 渋谷アイビスビル10階 (エレベータで9階へ上がり階段でお越しください)

講師:
杉本 裕明(すぎもと ひろあき)氏

講演者プロフィール:
杉本裕明 氏
1954年生まれ。朝日新聞記者を経て、フリージャーナリスト。環境問題を中心に取材・執筆活動。著書に『ルポ にっぽんのごみ』(岩波書店)『ディーゼル車に未来はあるかー排ガス偽装とPM2.5の脅威』(同、共著)、『環境省の大罪』(PHP研究所)、『赤い土(フェロシルト) なぜ企業犯罪は繰り返されたのか』(風媒社)など多数。NPO法人未来舎代表理事。

概要:
最近、マスコミを騒がせているマイクロプラスチックによる海洋汚染問題。プラ製のストローを禁止したり、環境省が、プラスチック対策の戦略を策定したりしているが、これで問題は解決するのか。一方で、昨年から血中国が廃プラスチックの輸入禁止措置をとり、年間150万トン輸出していた廃プラは行き場がなくなり、国内各地に廃プラの山が顕在化。不法投棄が懸念されている。身近なプラスチックとどう付き合ったらいいのか。国や業界の動きを、歴史を踏まえながら解説する。

事務局だより(2019年2月19日)

 2月の講演会では、高校で必修化される新科目「歴史総合」に向けて、アイヌ史を基点に、歴史を世界史的にとらえる試みを提示していただきました。さまざまな場所から語り得る世界史像という発想自体が、新鮮な刺激でした。また、講演者に示していただいた『宗谷場所御引渡目録』や蠣崎波響の「夷酋列像」図も興味深く、文書を読み解くことから始まる歴史研究の面白さを堪能しました。
 次回3月は、沖縄返還後すぐに起こった住民運動である金武湾闘争に焦点を当ててお話しいただきます。日米両政府の国策の狭間で住民の権利を主張したこの闘争は、現在の辺野古埋め立てに抗する運動を歴史的に理解するうえでも、とても重要な指針になると思います。
 どうぞ奮ってご参加ください。
 4月の講演会は13日(第2土曜日)に開催します。環境、とくにごみ問題について活発な発言を続けていらっしゃるジャーナリストの方を講演者にお迎えする予定です。
 詳細は追ってお知らせいたします。


 まだ冷たい大気のなかで、開き始めた梅や桃の花が、街や野のところどころにほんのり暖かい色どりを添えています。コートの前を開いて、光量を増す陽射しを抱き留めたくなる日が増えてくることでしょう。新たな自然の躍動の兆しに、心華やぐ時が多からんことを願います。

―うれしさは春の光を手に掬(すく)ひ (野見山朱鳥)

第160回講演会のお知らせ

『『共同の力:1970-80年代の金武湾闘争と生存思想』から見た運動史の課題』

日付: 2019年3月9日(土)
時間: 16:00 – 18:00
場所: 渋谷アイビスビル10階 (エレベータで9階へ上がり階段でお越しください)

講師:
上原 こずえ(うえはら こずえ)氏

講演者プロフィール:
上原こずえ 氏(東京外国語大学世界言語社会教育センター特任講師)
1981年沖縄県生まれ。2006年から、金武湾反CTS闘争を組織した人びとの経験と思想について研究している。著書に『一人びとりが代表:崎原盛秀の戦後史をたどる』(Ryukyu, 2017年)。

概要:
沖縄国際大学ヘリ墜落事件が起き、辺野古新基地建設への圧力が強まるなかで呼び起こされた沖縄戦後社会運動史──そこには1970~80年代の沖縄で三菱による石油備蓄基地(CTS)の建設と立地先となる金武湾の埋め立てに抵抗した金武湾闘争の記憶があった。この金武湾闘争に留学先のハワイで出会ったのが2006年、それから12年近く沖縄での聞き取りや資料調査をもとに研究を行ってきたが、それがようやく今春に書籍として刊行される予定である。
この間──つまり2000年代から現在まで──の沖縄は基地建設という国策に抵抗する運動の渦中にあるが、こうした新たな行動のうねりのなかで金武湾闘争をはじめとする戦後社会運動史が読み直され、現場の行動を支える記憶として建て直される瞬間を目の当たりにしてきた。今回の講演では、2000年代以降の運動のなかで遭遇した金武湾闘争の経験と思想について映像なども交えて論じるとともに、これまでの研究から見えてきた運動史の課題についても議論したい。

新しい世界史の見方

歴史文化フォーラムの南塚信吾理事長が編集・執筆に関わった、「新しい世界史の見方」を扱った最近の著書に関して、各紙で紹介されました。(画像をクリックすると拡大します)

・朝日新聞(2019年1月19日付、読書面)

20190119asahi

 

・京都新聞(2019年1月20日付、読書面)

20190120kyoto

 

・読売新聞(2019年1月21日付、文化面)

20190121yomiuri

シリーズ「日本の中の世界史」刊行中

岩波書店より、シリーズ「日本の中の世界史」が刊行中です。すでに三冊が刊行されましたので、紹介します。

◯ 南塚信吾『「連動」する世界史-19世紀世界の中の日本』(2018年11月刊行)

iwanami1

◯ 木畑洋一『帝国航路(エンパイアルート)を往く-イギリス植民地と近代日本』(2018年12月刊行)

iwanami2

◯ 小谷汪之『中島敦の朝鮮と南洋-二つの植民地体験』(2019年1月刊行)

iwanami3

事務局だより(2019年1月16日)

 1月の講演会では、昨年の歴史的といえる韓国と北朝鮮首脳の会談について、文化・スポーツ交流を含めたその前史から説き起こしていただきました。また、日本海を挟んだ北東アジア諸国の地政学的、歴史学的関係の重要性についても新鮮な視座を提示いただきました。韓国や北朝鮮の報道を踏まえた金正恩委員長の「改革・開放」路線や米朝関係についての考察は、日本の報道のみに依拠しがちな私たちに、改めて国際問題一般について、多角的な検証が必要であることを実感させるものでした。
 次回2月は、日本の周縁部の歴史としてのみ扱われがちな北海道やアイヌの歴史を、世界史という広いパースペクティヴからとらえるとどのような相貌を現すのか、北海道から『今学ぶアイヌ民族の歴史』の著者をお迎えして語っていただきます。
どうぞ奮ってご参加ください。
 3月の講演会は9日(第2土曜日)に開催します。辺野古をめぐって揺れる沖縄の現状を中心にお話しいただく予定です。
 詳細は追ってお知らせいたします。


 大寒から名のみの春へ寒気が勢いづくなか、受験シーズンを迎えています。ひとは、願った目的地へとたどり着くことのなさそうな旅路の終盤になっても、この時期の凛と張りつめた冷気と緊張感は覚えているようです。若いひとたちの健闘を願ってやみません。
 
―こころざすひとりに一つ冬銀河(川崎洋吉)

第159回講演会のお知らせ

『アイヌ・北海道史から見た世界史;世界史から見たアイヌ・北海道史』

日付: 2019年2月2日(土)
時間: 16:00 – 18:00
場所: 渋谷アイビスビル10階 (エレベータで9階へ上がり階段でお越しください)

講師:
吉嶺 茂樹(よしみね しげき)氏

講演者プロフィール:
吉嶺茂樹 氏
北海道有朋高等学校(通信制)教諭
1962年福岡県生まれ。西南学院高校・熊本大学文学部・熊本大学大学院文学研究科(西洋史学専攻)修了。
1986年より北海道の公立高校勤務。高大連携歴史教育研究会運営委員(会報担当)。上記の他に、共著に『世界史を動かしたモノ辞典』(日本実業出版社)、『お金の世界史200問』、(NHK出版)東京書籍『世界史A』(編集協力者)等。

概要:
昨年夏、『今学ぶアイヌ民族の歴史』(山川出版社)を上梓した。約15年がかりの作業であった。私は高校の世界史教員の立場から、本書の前近代史(主に日本史の江戸時代にあたる)を分担執筆した。アイヌ史や北海道史は、日本史の枠組みのみで考えると、見えなくなる内容が多いからである。さらに教室でのアイヌ史実践を広げていくためには、これまでのアプローチとは少し違う方向から考え直す必要があるとかねてから考えてきた。本書には、その内容を一部、織り込むことができたと思っている。新学習指導要領で高校の必修科目となる「歴史総合」を考える際には、高校一年段階で「歴史を総合するとはどういう営みなのか」が分かるような内容が必要であるが、アイヌ・北海道史にはその可能性がたくさんあると筆者は考えている。
今回の講演では、実際の史資料を基に、このような問題を考えてみたい。さらに、本書に織り込むことができなかった「北方に関する地図認識の問題」や、現地での調査スライドなども用いて、高校現場での多様な歴史教育のあり方についても考えてみたい。

事務局だより(2018年12月26日)

 12月の講演会では、日本語ネイティヴではない日本在住者とコミュニケートする際の言葉遣い(=気遣い)のコツを、豊富な具体例を引きつつ、お話しいただきました。ネイティヴゆえに看過しがちな「やさしい日本語」が、外国人だけでなく日本人も含む他者一般にたいするやさしさから作られていくことに改めて気付かされる講演でした。

 次回1月は、日韓の「境界人」として生きる講演者をお迎えし、大きな転換期を迎えている韓国と北朝鮮の現況を分析していただきます。同時に、歴史問題等で両国との関係が混迷を深めている日本を含めて、北東アジアの平和と安定に向けた思考とアクションの可能性について語っていただきます。

どうぞ奮ってご参加ください。

2月の講演会は2日(第1土曜日)に開催します。アイヌから見た世界史像を中心にお話しいただく予定です。

詳細は追ってお知らせいたします。


 ひとの社会が時間を分節し、歴史を刻むことで成り立っていることをとりわけ意識させられる時期を迎えました。
 今年も皆さまからはご支援と励ましの声を数多くいただきました。深謝申し上げるとともに、皆さまの明るさに満ち満ちた年末年始を祈念いたします。

―かるがると上る目出度し餅の杵(高浜虚子)

第158回講演会のお知らせ

『韓半島の平和構築と東北アジア地域主義 ―「分断体制」の克服と日韓「ミドルパワー外交」の可能性』

日付: 2019年1月12日(土)
時間: 16:00 – 18:00
場所: 渋谷アイビスビル10階 (エレベータで9階へ上がり階段でお越しください)

講師:
権容奭(クォン・ヨンソク)氏

講演者プロフィール:
権容奭(クォン・ヨンソク)氏
一橋大学大学院法学研究科教員。早稲田大学韓国学研究所招聘研究員。1970年、韓国・ソウル生まれ。子供の頃から父親の仕事の都合で日韓を行き来、日韓の「境界人」として生きている。専門は日本外交史、東アジア国際関係史、日韓関係史、韓国現代史。映画・音楽など日韓のポピュラー・カルチャーやサッカーなどスポーツにも詳しい。
著書に『岸政権期のアジア外交―対米自主とアジア主義の逆説』、『「韓流」と「日流」――文化から読み解く日韓新時代』(NHKブックス)、訳書に『イ・サンの夢見た世界――正祖の政治と哲学』(上・下、キネマ旬報社)、監訳書に『沸点―ソウル・オン・ザ・ストリート』(ころから、2016)などがあり、文在寅韓国大統領の自伝『運命―文在寅自伝』(岩波書店、2018)に「運命に導かれたキャンドル大統領―文在寅政権の歴史的位相」と題する解説文を掲載している。

概要:
 2018年に歴史的な南北/米朝首脳会談が開催され、「韓半島」は和解と融和への一歩を踏み始めています。「終らない戦争」となった朝鮮戦争を終結させ、長きにわたってこの地域を規定した「分断体制」を克服し、韓半島および北東アジアに平和を構築し、共生と繁栄をもたらす北東アジア地域主義を再起動させる絶好のあるいは最後の機会が訪れているともいえます。このような韓半島の新情勢についての現状分析と、韓国・文在寅政権のイニシアチブの歴史的意義および日本ではあまり知られていない南北交流の実態について、映像なども紹介しながらお話したいと思います。次に、2018年の平昌冬季五輪、2020年の東京五輪、2022年の北京冬季五輪と日中韓で立て続けにオリンピックが開催されるなど、ここ数年は北東アジア地域主義の進展にとっての「ゴールデンタイム」といえます。とりわけ、日本と距離的に最も近く歴史的文化的に密接な関係にありながらも、日本のパスポートで唯一行けない国である北朝鮮との「和解」と関係正常化に向けて、東京五輪はまたとない機会といえます。戦後日朝関係の歴史も紐解きながら、日朝国交正常化への道筋を模索し、韓半島の平和構築と北東アジアに向けての日韓の役割と連携の可能性について、「ミドルパワー外交」という観点から考えてみたいと思います。日本と韓半島の関係は大変こじれていて、今が「正念場」だともいえますが、こういうご時期だからこそ、地道に冷静に歴史的観点を踏まえた市民レベルでの議論と対話が必要だと思います。試みに、Korean Peninsulaに当たる地域概念として、日本で固定化されたイメージと偏見を内包する「朝鮮半島」ではなく、「韓半島」という概念を用いることから始めてみたいと思います。