事務局だより(2017年10月26日)

 前回10月の講演会では、南信州の阿南町和合地区に移り住み、集落支援員として「地域のこし」のために奮闘する講演者をお迎えしました。都市中心のグローバル化が地方社会を置き去りに進むなか、村落の丁寧な暮らしと、住民が伝承する生活に密着した文化の豊かさを活き活きと語っていただきました。東京在住の阿南長出身者の皆様にお集まりいただけたことも、大きな喜びでした。
次回11月は、ロシア革命から100年を迎えることから、ロシア映画を専門とする講演者をお迎えして、映像論の視野からロシア革命を論じていただきます。
どうぞ奮ってご参加ください。

12月の講演会は、16日(第3土曜日)に開催予定です。南チロルを中心としたお話を予定しています。講演会終了後には、恒例となっている忘年会を催します。こちらも奮ってご参加ください。
詳細は追ってお知らせいたします。


行楽シーズンを迎えながら、あいにく天候に恵まれない秋の日々です。ただ地域によっては、五色霜林を迎えるのはまだこれから。柔らかな秋の日差しが戻り、皆さまが穏やかな時を楽しまれますように。

―秋の暮川の向うに子守唄(秋元不死男)

 

第145回講演会のお知らせ

ロシア革命100周年に寄せて:映画に刻まれた革命の表象を基に

日付: 2017年11月11日(土)
時間: 16:00 – 18:00
場所: 渋谷アイビスビル10階 (エレベータで9階へ上がり階段でお越しください)

講師:
佐藤千登勢氏(法政大学国際文化学部教員)
福島県生まれ。上智大学外国語学部ロシア語学科卒業。早稲田大学大学院文学研究博士課程修了。専門は文学理論・ロシア文学・ロシア映画。ロシア(ソ連)との初めての出会いは、子供の頃に聴いたショスタコーヴィチの「祝典序曲」(1947)。
著訳書に、『シクロフスキイ 規範の破壊者』(南雲堂フェニックス)、『映画に学ぶロシア語:台詞のある風景』(東洋書店)、タチヤナ・コトヴィチ『ロシア・アヴァンギャルド小百科』(共訳、水声社)。『ロシアNIS調査月報』(一般社団法人 ロシアNIS貿易会)に2014年12月号より映画コラムを連載中。

概要:
100年前の10月25日(旧暦)から翌日にかけて、世界初の社会主義革命がロシアで達成されました。
以来、11月7日(新暦)は革命記念日として毎年賑々しくかつ厳かに祝われてきたことは周知の事実です。しかし、ソ連が崩壊して社会主義の意義が損なわれたエリツィンの時代、この日は祝日ではあり続けましたが「和解と合意の日」と名前を変えました。1996年のことです。やがて第二次プーチン政権下では、革命記念日の影を引きずる11月7日が祝日から外され、代わりに、1612年にまで遡って、当時ポーランド軍に占領されていたモスクワがミーニンとポジャルスキー率いる義勇軍によって解放された11月4日を新たな祝日として設け、「民族統一の日」となっておりますね。この経緯ひとつをとってみても、今、ロシア革命100周年をどのように扱えばよいのか、どのように記念すればよいのか、ロシアの人々は戸惑いを感じるのではないでしょうか。国内では、この記念日を歴史的史実として懐古するような討論会、学会が開催されている様子はあまりなく、革命100周年に向けた歴史的出版物も目を引くものがありません。驚いたのは、革命期から1920年代初期にかけて開花したアヴァンギャルド芸術(絵画、映画、ロシア・フォルマリストの論考など)をめぐる展覧会や回顧展は、今年に入って其処彼処で開催され、関連書物が多く出版されていることです。ロシア革命の歴史的意義や功罪を問い直そうという試みや催しは、むしろ欧米や日本においてのほうが盛んである印象です。
さて、このたびは、歴史の専門家ではない私がロシア革命についてどんなお話ができるかと考えましたところ、ソ連時代から今日まで国内で制作されてきた映画には革命期のとりわけ内戦を背景にした作品が少なからずあることを思い出しました。これらの作品における革命の表象を通して、とくに革命に対する評価の逆転について着目し、映像の一部をみなさんと分かち合いたいと思います。

 

事務局だより(2017年9月27日)

前回9月の講演会では、お二方からお話しを伺いました。まず津山の洋学者(蘭学者)の系譜と仕事を辿ってご説明がありました。続いて、幕末から明治期を代表する洋学者のひとり、箕作麟祥による『万国新史』の世界史叙述の特色についてお話しいただきました。また、具体例として、ヨーロッパ各地における「農民・農夫」の位置や動向に関する記述を取り上げ、維新後日本の地租改正の動きとの関連を想定するなど、当時にとっての現代世界史をめぐる該博な知識の源にあった状況へも迫っていただきました。

次回10月は、地域おこし協力隊員として、長野県阿南町で活躍されている方を講演者にお迎えします。地域に移住し、衰退が言われるようになって久しい地方の文化、第一次産業、住民の暮らしのなかにある豊かさや可能性を地元民とともに模索してきた、実践者としての立場からお話しいただきます。

どうぞ奮ってご参加ください。

11月の講演会は、11日(第2土曜日)の午後4時から開催予定です。今年はロシア革命100周年に当たりますが、映像論の立場からロシア革命に言及していただく予定です。また、講演会に先だって、本NPOの年次総会も開かれます。

詳細は追ってお知らせいたします。


 

雲が空の高みに遠のき、大気が鮮度を増していくようです。秋は、様々な音まで粒だって響くような気がします。街で山野で、静かに耳をすませたくなります。

―足音の正しく彼女秋日和(星野立子)

第144回講演会のお知らせ

魂の帰る場所 南信州和合地区~地域のこしの取り組み~

日付: 2017年10月14日(土)
時間: 16:00 – 18:00
場所: 渋谷アイビスビル10階 (エレベータで9階へ上がり階段でお越しください)

講師:
飯野悠子氏(集落支援員)氏
1983年生まれ。幼少期は父親の転勤により転々とするが、その後大学を卒業するまで東京で暮らす。大学時代、NGOのワークキャンプに参加し、初めての海外フィリピンへ。そこで出会ったキラキラした目を持つ大人たち。一般的には「貧困」と呼ばれる国で生き生きと暮らす人々に魅了され、長期休暇を利用してアジア・南米数ヶ国を旅する。旅が高じて、卒業後はタイで就職。日本語教師として5年半勤務したのち、なぜか帰国する。
「豊かな暮らし」を求め、2014年長野県阿南町和合地区に「地域おこし協力隊」として着任。現在、移住4年目。都会の生活とは180度異なる山ん中での暮らしを満喫中!

概要:
『東京発→アジア経由→ど田舎着』
放浪期間も経て、「地に足のついた生活を」と辿り着いた先は、長野県の南端「阿南町」の中でも、最も過疎高齢化の進む「和合地区」。人口175名、高齢化率(65歳以上)60%、小学校児童4名、スーパー・コンビニもちろんなし。訪れる人は「この道の先に本当に人が住んでいるの?」と不安になるような細く曲がりくねった谷底の道の先に集落が点在している。田畑や山からの恵みを受け、丁寧に暮らすお年寄りから学ぶ日本元来の姿や豊かさを紹介。
『全国各地で活動する地域おこし協力隊とは』
メディアでも頻繁に取り上げられるようになった「地域おこし協力隊」。その制度と活動事例、実際に活動する隊員、任期終了後定住した隊員の様子を紹介。
『人口176名の山間地域・和合地区の地域のこし』
日本各地で進む過疎高齢化。「人」によって受け継がれてきた地域性に富んだ文化・伝統が、今、消滅しつつある。和合地区もこの例外ではない。このまま、美しい文化・伝統が消えゆくのを眺めているだけで良いのか。「地域を残す」ための、和合地区での取り組みを紹介。

事務局だより(2017年8月30日)

前回7月の講演会では、西洋列強によって開港を強いられながら、その歴史的経緯に負の感情を抱く上海市民に対し、横浜では一般に肯定的受け止められてきた相違がどこにあるのか、日米交渉の展開を検証しながら語っていただきました。また、古地図や浮世絵を用いた現代横浜との対比も、その飛躍的発展の様子を具体的に知る上で興味深いものでした。

次回9月は、江戸期の洋学(蘭学)の伝統とその成果を、特に美作国津山藩(現在の岡山県津山市)から出た二家を取り上げてお話しいただきます。講演は、津山市の資料館にも足を運ばれ、また箕作麟祥の『万国新史』の翻刻を進めている本NPOの理事長ならびに副理事長のお二人からそれぞれ伺います。

どうぞ奮ってご参加ください。

10月の講演会は、14日(第2土曜日)の午後4時から開催予定です。長野県下伊那郡阿南町の町おこしの活動についてお話しを伺う予定です。11月は100周年を迎えるロシア革命をめぐって講演いただきます。

詳細は追ってお知らせいたします。


全国的に天候の不順な夏でした。関東以北は梅雨と真夏が逆転したようなおかしな陽気が続き、人も農作物も健やかな時の流れを損なわれたような印象です。それでも、雨雲の下を軽やかに走り、かき氷に歓声をあげる子供たちにとって、夏休みの輝きは失われなかったようでした。老若男女に豊穣な秋が訪れますように。

―夏休み終え静けさや寂しさや(佐々木なつ)

第143回講演会のお知らせ

黒田忠男氏(歴史文化交流フォーラム副理事長)
「津山の洋学の軌跡をたどる─宇田川家、箕作家を中心にして─」
南塚信吾氏(歴史文化交流フォーラム理事長)
「箕作麟祥『万国新史』のできるまで」

日付: 2017年9月16日(土)
時間: 16:00 – 18:00
場所: 渋谷アイビスビル10階 (エレベータで9階へ上がり階段でお越しください)

概要:
西洋各国のアジア進出が盛んになるにつれ、江戸末期の日本ではヨーロッパの進んだ自然科学のみならず、彼の地の歴史や政治経済についても熱心に学ばれるようになった。現在、本NPO付属の世界史研究所で翻刻を進める『万国新史』の著者箕作麟祥も、幕末から明治初期を代表するそのような洋学者のひとりである。講演では、まず、箕作が属した津山藩の洋学の伝統を、津山洋学資料館等の資料をもとに紹介する。さらに、明治初期に刊行された『万国新史』の意義について、その成立過程と内容を検証しながら考えてみたい。

mitsukuri1

mitsukuri2

事務局だより(2017年6月24日)

前回6月の講演会では、明治以降、ロシアの民衆音楽が日本の音楽に与えた影響を歴史的にたどっていただきました。特に、日本の戦後歌謡のヒット曲とシベリア抑留体験のひそかな繋がりは新鮮な驚きでした。

次回7月は、上海に長く滞在された講演者をお迎えし、西洋列強により開港を余儀なくされた中国上海と日本横浜の歴史を対比検討していただきます。

8月は事務局の海外出張等のため、講演会はお休みをいただきます。9月の講演会は、9日(第2土曜日)の午後4時から開催予定です。幕末から明治期に活躍した洋学者箕作麟祥の著作『万国新史』(明治4年)を中心に、彼の家系である津山藩蘭学者の仕事にも触れつつお話しいただきます。詳細は追ってお知らせいたします。


空梅雨気味だった東日本も、雨雲に覆われる日が増えてきそうな6月末を迎えています。お忙しい日常のなか、眠気を誘うそぼ降る雨に身をゆだねて、きたるべき炎暑に備えるようなひと時を愛おしみください。

―青梅に手をかけて寝る蛙哉(小林一茶)

第142回講演会のお知らせ

上海と横浜 ― 二都物語

日付: 2017年7月8日(土)
時間: 16:00 – 18:00
場所: 渋谷アイビスビル10階 (エレベータで9階へ上がり階段でお越しください)

講師:
有賀英樹(ありが ひでき)氏
昭和19年生まれ。一橋大学法学部卒業後、三菱銀行に入行。平成5〜9年、三菱銀行初代上海支店長を務める。現地では、日本商工クラブ副会長や日本人学校理事などとしても、交友や見聞を広めた。ほかに、香港(4年)、北京(2年)など、中国を中心に海外勤務を経験している。現在は、ディ・アイ・エンジニアリング株式会社監査役を務めるかたわら、横浜黒船研究会に所属し、同研究会や業界主催の研究会、大学OB会、高校のセミナーなどでしばしば講演を行っている。

概要:
横浜と上海は、ともに19世紀中ごろ外圧によって港を開き、外国人居留地を形成し、その後、開港都市として発展した等共通点が多く、いわば双子の姉妹とも言える。しかし、その後一方は半植民地化の道を辿り、一方は主権を保持し強国になった。双子の姉妹の運命を分けたのはいったい何だったのか?
横浜は、2009年に開港150周年を迎え、市を挙げて盛大に祝った。一方、上海は1843年に開港して以来、この170年間一度も開港を祝ったことはない。上海に とって開港はいわば屈辱のシンボルであって、祝う対象などではなかったのだ。
横浜居留地も幕末の開港当時、一歩間違えば “第二の上海租界” になる可能性は充分あった。それを避けることが出来たのは何故か?そこには徳川幕府の英知と策略による必死の抵抗と、当時の国際情勢の動向が日本にとって幸いしたことが見て取れる。
東京三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)初代上海支店長の有賀英樹氏が、現地での経験を踏まえ、さまざまな角度から上海と横浜を比較しながら 横浜開港の歴史的、且つ国際的意義を語る。

事務局だより(2017年5月24日)

5月は、かつて日本の委任統治領であった南洋諸島のうち、グアム、ポンペイ、パラオ、サイパンの4島を中心に、植民と戦争の過去を辿るお話を伺いました。土地と人々の記憶に残る20世紀史の生々しい痕跡が、現代のわれわれの存立の基盤にも思いをいたさせるような、深い余韻を残す講演でした。

次回6月の講演会では、音楽学者であると同時に作曲家でもある講演者をゲストにお迎えします。確固とした底流の存在にもかかわらず、現在、顧みられる機会が多くない日露文化交流史ですが、講演では、ロシアの歌と日本の歌謡曲の繋がりというユニークな視座からお話しくださいます。

どうぞ奮ってご参加ください。

7月の講演会は、8日(第2土曜)16時から、幕末の横浜と上海の状況を比較検討するお話を予定しています。また、8月は事務局の海外出張等のため、月例講演会はお休みとさせていただきます。9月以降の予定は追ってお知らせいたします。


例年よりだいぶ早い夏日の到来に、日差しに手をかざし、汗をぬぐいながらの街出になった5月でした。いっぽうで、公園や家々の垣根越しには、早々と紫陽花が浅い色を帯び始めて、雨の季節が近づきつつあることを感じさせます。蒸し暑さが増していく季節ですが、健やかにお過ごしください。

―番傘の軽さ明るさ薔薇の雨(中村汀女)