事務局だより(2018年10月24日)

10月の講演会は、9月のハルビンに続き、やはり中国東北部の瀋陽と大連、新京に焦点を当てていただきました。「満鉄の世界」の過去を現代から透かし見るようなお話しから、巨大な植民地近代の残像が浮かび上がってきました。
次回11月は、渋沢栄一資料館の学芸員の方をお迎えして、幕末1867年の徳川昭武に同行し、パリ万博へ赴いた渋沢栄一の旅路についてご講演いただきます。
どうぞ奮ってご参加ください。

12月の講演会は22日(第4土曜日)に開催します。日本語教育の専門家の方をお招きしてお話を伺います。
詳細は追ってお知らせいたします。


箕作麟祥『萬國新史』の翻刻版が好評発売中です。日経新聞の文化欄に紹介がありますので、記事を紹介いたします。

nikkei_kiji_image

日本経済新聞(2018年10月2日)

日脚がつとに早くなりました。一仕事を終えて窓外に目をやると、もうすっかり暗くなった街路が広がっています。まだ寒いというほどではない長い夜の時期の交友や飲食は、ひときわ味わい深いように感じられます。

―秋の夜や紅茶をくぐる銀の匙 (日野草城)

第156回講演会のお知らせ

『渋沢栄一、パリ万国博覧会へ行く』

日付: 2018年11月10日(土)
時間: 16:00 – 18:00
場所: 渋谷アイビスビル10階 (エレベータで9階へ上がり階段でお越しください)

講師:
関根 仁(せきね ひとし)氏

講演者プロフィール:
関根仁 氏(渋沢史料館学芸員)
中央大学大学院文学研究科日本史学専攻博士後期課程単位取得退学。2003年より現職。専門は日本近代史。渋沢史料館では、幕末の渋沢栄一の渡欧および『航西日記』の解読と編纂過程を研究。主な担当展覧会として「渋沢栄一、アメリカへ~100年前の民間経済外交~」(2009年)、「渋沢栄一と『実業之日本』」(2011年)、「徳川慶喜公伝と渋沢栄一」(2013年)、「渋沢栄一渡仏150年 渋沢栄一、パリ万国博覧会へ行く」(2017年)など。

概要:
慶応3年(1867)3月7日、渋沢栄一はフランス・パリに到着しました。
栄一は当時27歳の幕臣で、パリ万国博覧会に参列する将軍徳川慶喜の弟・昭武に随行していたのです。栄一にとって初めての異国旅。約1年半におよぶ滞在中、近代西洋社会は栄一の目に、どう映ったのでしょうか。
本講演では、パリから日本にいる妻や家族に宛てた手紙、日記など様々な資料から栄一の欧州体験をたどります。栄一にとって慶応3年の渡仏とは、どのような意味を持ったのかを、あらためて考える機会となれば幸いです。

事務局だより(2018年10月3日)

前回9月の講演会では、講演者が7月に視察の旅をされた中国東北部からハルビンに焦点を当ててお話しいただきました。関東軍第731部隊による残虐行為の史跡や満蒙開拓団の犠牲が偲ばれる慰霊碑などが語る歴史のたいへんな重さに、実態をより明らかにする資料の開示が求められることを痛切に感じました。
次回講演会では、9月講演の後編として、瀋陽と大連を中心にお話しいただきます。
どうぞ奮ってご参加ください。

11月の講演会は、10日(第2土曜日)に開催を予定しています。渋沢資料館から学芸員の方をお迎えし、渋沢栄一の1867年パリ万国博覧会の旅についてお話しを伺います。
詳細は追ってお知らせいたします。


春夏が育んだ自然の恵みが食卓を彩る季節です。猛暑から豪雨を経て少しづつ澄んでいく空の下を山里へと、都会の街角へと秋の豊穣を求めて歩んでいきたくなります。満ち足りたものが皆さまのなかに静かに広がってゆくような秋の日々を。

―秋風、行きたい方へ行けるところまで(山頭火)

第155回講演会のお知らせ

『中国・東北のいま―「戦争」と「現代化」―』(後編)

日付: 2018年10月20日(土)
時間: 16:00 – 18:00
場所: 渋谷アイビスビル10階 (エレベータで9階へ上がり階段でお越しください)

講師:
南塚信吾(みなみづか しんご)氏(歴史文化交流フォーラム理事長)
紺道樹義(こんどう きよし)氏(歴史文化交流フォーラム会員)

概要:
前回講演のハルビンに続いて、今回は瀋陽と大連をおもに取り上げる。瀋陽(旧奉天)は満州事変(九一八事変)の発端となった地であり、関東軍による奉天府政府が置かれたことで名高い。現地には日本戦犯特別軍事裁判所跡や九一八歴史博物館などがある。また大連には、満州経営の中核を担った一大コンツェルン南満州鉄道の本社があった。その一部は現在、満鉄旧跡陳列館として公開されている。日本に馴染みの深い魯迅の名を冠した通りや日本風情街などには日中の密接な関わりが刻印されているかのようだ。9月講演会同様、映像を用いて、歴史を現在に繋ぎながら話しを進めたい。前回9月に引き続き、おもに南塚が報告を行い、同行者であった紺道が追加説明をする。

事務局だより(2018年8月29日)

前回7月の講演会では、水を用いた最先端技術をめぐってお話を伺いました。柔軟で変化自在な水を強剛なパワーに変えて、食品から建築・土木、乗り物、原発処理にいたる様々な領域で応用していく目覚ましい技術力と、その開発に注ぐ情熱を熱く、かつ分かりやすくご教示いただきました。
次回講演会では、講演者が7月に視察した中国東北部から、今回は特にハルビンを取り上げて、旧満州と戦争の史跡の様態を現代の動勢を踏まえつつお話しいただきます。
どうぞ奮ってご参加ください。

8月は夏休みのため、講演会はお休みをいただきました。9月から再開し、実りの秋に充実したひと時を皆様にお過ごしいただけるように努めて参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。10月は20日(第3土曜日)に、9月講演に引き続いて、中国東北部の瀋陽と大連についてお話しいただきます。
詳細は追ってお知らせいたします。


夏との別れは若い日々との別れと、思いが重なります。この夏、幾人かの親しい人が去っていきました。ともに愛おしい時を過ごしてくれたことに深く感謝しつつ、心から哀悼の意を表します。

―またひとつ旅を終えたる晩夏かな(稲畑汀子)

第154回講演会のお知らせ

『中国・東北のいま―「戦争」と「現代化」―』(前編)

日付: 2018年9月8日(土)
時間: 16:00 – 18:00
場所: 渋谷アイビスビル10階 (エレベータで9階へ上がり階段でお越しください)

講師:
南塚信吾(みなみづか しんご)氏(歴史文化交流フォーラム理事長)
紺道樹義(こんどう きよし)氏(歴史文化交流フォーラム会員)

概要:
中国東北部は、言うまでもなく、日本の近現代史と深く重く結びついた地域である。特にハルビンは、安重根記念館や関東軍第731部隊の罪証陳列館が設けられているほか、満蒙開拓団の派遣ならびに引揚げに際しては拠点的位置づけを担った都市でもある。それら歴史の出来事を確認しながら、現在どのようにその史跡が扱われているのかを映像を交えて紹介しながら、問題点を歴史的に考察する。おもに南塚が報告を行い、同行者であった紺道が追加説明をする。

箕作麟祥『萬國新史』翻刻完成のご案内

世界史研究所が数年をかけて取り組んでまいりました箕作麟祥編『萬國新史』(1871~1877年)の翻刻が完成し、出版されることとなりました。皆様には、ぜひご一読いただきたくお知らせいたします。また、お知り合いの方々にもご紹介いただければ幸甚でございます。

詳細はこちらをご覧ください。

事務局だより(2018年6月24日)

前回6月の講演会では、ドイツ表現主義やウィーン分離派の流れを汲むクロアチア出身の彫刻家メシュトロヴィチと、その芸術思潮ならびに表現に影響を受けたと目される日本の三人の彫刻家の作品を比較検討していただきました。また、戦争と芸術という視座から、芸術が持つ社会性の一筋縄にはいかない問題を提起されました。
次回7月の講演会では、水を利用した多面的な技術開発を進めると同時に、福島原発の事故処理でも活躍されている水技術のエキスパートをお招きしてお話しをうかがいます。
どうぞ奮ってご参加ください。

8月は事務局が夏休みのため、講演会もお休みいたします。9月は第2土曜日に旧満州の過去と現在について、実際の旅の記録をもとにお話しいただきます。
詳細は追ってお知らせいたします。


夏を呼ぶ雨の季節がまだ続いています。雨に煙る水面の向こうから来る夏の海の色が、深く皆さまの記憶にとどまるようなものになりますように。

―砂浜に棒ひとつ立て梅雨明けぬ(平井照敏)

第153回講演会のお知らせ

水に関わる技術と福島への取組について

日付: 2018年7月14日(土)
時間: 16:00 – 17:30
場所: 渋谷アイビスビル10階 (エレベータで9階へ上がり階段でお越しください)

講師:
酒井 英明(さかい ひであき)氏

1981年 早稲田大学理工学部機械学科卒業、同年 スギノマシンに入社。以降、原子炉内部遠隔点検装置、補修装置、原子燃料取扱設備の開発、 並びにウォータージェット噴流の研究に従事し、近年は、特殊環境用遠隔ロボット、ウォージェット切断装置、湿式微粒化装置の研究・開発に従事。

概要:
柔らかいイメージの水が高圧になると切断や洗浄や耐圧試験、並びに食品加工に利用されている状況を皆さんに知っていただくと伴に、当社の技術が福島でどのように活用されているのかをご説明させていただきたいと考えています。

 

事務局だより(2018年5月28日)

前回5月の講演会では、三河・遠江・南信の県境を越えた地域連携の歩みと現在について、同連携会議の新ビジョン策定委員を務める講演者からお話を伺いました。行政の枠を超えることの意義と可能性、またその困難をも率直に語っていただきました。終始、地域に注がれる講演者の温かい眼差しが感じられて、住んだことのない土地に郷愁を誘われるような思いでした。
次回6月の講演会では、旧ユーゴスラヴィアを代表する彫刻家メシュトロヴィチと日本の彫刻家団体「構造社」の芸術思想に見られる共通の志向性に焦点を当てつつ、両国の芸術と社会を社会史の視座からお話いただきます。
どうぞ奮ってご参加ください。

7月の講演会は、14日(第2土曜日)になります。富山県に拠点を置く「スギノマシン」から水関連技術の専門家をお招きし、福島原発の水処理を含め、水にまつわるテーマでお話しいただく予定です。
詳細は追ってお知らせいたします。
8月は夏休みのため、講演会はお休みいたします。


日に日に蒸し暑さが増してきました。雨雲が山の果て、ビルの彼方まで遠く覆う季節が目前に迫っています。水に濡れた草花や街路、雨音をはじかせる家々のたたずまいも、ときに親しみたい風物です。

―都電に乗る梅雨の巷のしたしさに(中村草田男)